マイホームの防犯対策

日本は他の国と比較して比較的治安の良い国といわれています。しかし、他の国と比較して治安がよくても、防犯をしないという選択はありません。
空き巣や押し込み強盗などの犯罪は年間に数万件発生しています。家族とマイホームを守るためにも、防犯意識を持つこと、そして、防犯対策など自衛の手段を取ることが大事です。
マイホームの防犯では、建築構造上どうしても設置が難しいものであったり、取り付けや運用に技術が必要とされるものもありますが、一般家庭において特別な防犯対策はあまり必要とされていません。
どのような家庭でも、そして東京や埼玉などの都市部に暮らす一人暮らしの方でも利用できる防犯対策を知ることからはじめましょう。

不法侵入の発生時に大音響ブザーを鳴らせるホームセキュリティ

不法侵入が生じてしまう事は、たまにあります。自宅に何か高価な物が置かれている時などは、侵入が気になってしまう事もあり得るのです。
そういった時には、大音響を発生することが可能なホームセキュリティーを導入してみる方法もあります。万が一の事が起きたら、大音響のブザーで撃退できる事もあるからです。
例えば自宅を少し留守にしている間に、誰かが不法侵入したとします。そういった状況になった時には、直ちに外出先の家主の方に対して、状況を通知することが可能なのです。なぜならスマホと自宅のホームセキュリティが連動していて、直ちに外出先の家主に通知をしてくれるシステムになっているからです。
そして自宅の状況が分かった家主は、直ちにスマホで自宅セキュリティーに信号を送ることができます。両者はネットで接続されているので、そういう事も可能なのです。
それで信号を受信した自宅セキュリティの装置は、大音響のブザーを鳴らしてくれます。不法侵入をした泥棒としては、突然に大音響が発生したら、非常に驚くわけです。それで退散してくれる事がよくあります。
ですから泥棒撃退などのニーズがあるなら、ブザーを鳴らしてくれるセキュリティーを、自宅に設置してみるのも一法と言えます。

留守番中の犬や猫の様子を確認できるホームセキュリティ

ご家庭によっては、ペットが留守番をしていることがあります。ちょっと買い物に出かけている間に、犬や猫が自宅で留守番してくれる事もあるでしょう。
ところで外出している最中に、犬や猫の様子が気になってしまう事も、たまにあります。果たして自宅で無事に留守番しているかが、気になる事もあるでしょう。
そういう時は、ネットワークカメラなどを導入しておくと便利です。なぜなら、それは自宅の見守り機能が完備されていて、しかもスマホと連動しているからです。
最近のカメラは非常に機能が充実していて、自宅の様子などもスマホにて確認する事ができます。ですから外出先にて、自宅で留守番中の犬や猫の様子を確認する事も可能なのです。
自宅にて自分のペットの様子を確認できるだけでも、随分と安心感が違ってきます。ですから留守番させる機会が多いなら、ネットワークカメラを用いたホームセキュリティを導入しておくのも一法です。
またスマホでは、鳴き声なども確認する事ができます。自宅で犬や猫が鳴いた時には、それをスマホで確認できる機能も備わっているのです。それでさらに安心感が高まる事もあります。ですから外出先にて鳴き声を聞きたいにも、ホームセキュリティは非常に便利です。

スマホで自宅の見守りが可能な防犯カメラ

自宅の防犯性が気になってきた時には、防犯カメラを設置してみる選択肢があります。現にそれで、随分と安心感が高まるケースも多いからです。なぜなら最近の防犯カメラは、スマホと連動しているからです。
そもそも自宅から出かけている方々は、自宅の様子が気になる場合があります。特に自宅に体が不自由な老人が同居している時などは、気になる事もよくあるのです。
もちろんそれに加えて、不法侵入が気になってしまう場合があります。老人1人で自宅で留守番していると、万が一の問題が気になる事もあるでしょう。
そういう時にホームセキュリティが導入されていると、安心なのです。ホームセキュリティの特徴は、スマホと連動している点です。
例えば外出先からちょっとスマホを用いて、自宅カメラに映っている映像を確認する事もできます。スマホと自宅カメラがWEBで接続されているので、そういうことも可能になる訳です。
しかもスマホを使えば、防犯カメラの付随機能などをフル活用できる場合があります。ですから上記のような老人が同居している家庭でも、安心できる訳です。老人の徘徊防止などを含めて、自宅を見守りたい時などは、スマホと連動した防犯カメラを設置してみるのも一法と言えます。